グローバルネットワークと株取引のためのパソコン

株を始める上で皆さんに知っておいて頂きたいことがある。それは、株で大きな失敗をしない為にはまず情報を得ること。毎日経済のニュースはチェックしていますか?経済ニュースは難しくてよくわからないという考えのままだといずれ痛い目を見るでしょう。

フォードよりも身近なゲオの株を

株というのは今や日本国内だけでなく、外国市場の銘柄も購入をすることができるようになりました。
そのため、国内の市場だけでなく海外の有望な銘柄に投資をすることもできます。
外国の市場のことはよくわからないという人であっても、フォードのような世界的にも規模の大きな自動車メーカーとなれば知っている人も多く、投資をしてみたいと考える人もいるかもしれません。

しかし、いくらフォードといえども日本の企業でもなく入手できる情報の少ない銘柄を選ぶというのは、余程のことがない限りは避けたほうが良いといえます。
すでに日本の株式市場で十分な利益を上げた人が、さらなる投資先を探すために海外市場に手を出してみるのは悪いものではありませんが、初めての投資で海外市場に手を出すのは少しハードルが高い物となってしまいます。

初めて投資をするというのであれば、ゲオのような身近な企業に投資をしたほうが情報も多く入ってきて売買のタイミングもはかりやすいので投資がしやすいものとなっています。
ゲオであれば配当もありますし、株主優待も設定されているのでよく利用をする人は単純に値上がり益を期待するだけでなく保有を続ける利点もありますから、株価に一喜一憂しなくても住むという利点があります。
日本の株式市場の銘柄であれば、売買手数料も非常に安くネット証券などを利用すればゲオの場合数百円のコストで取引をすることができますから、少額の投資にも向いています。
対して海外市場の場合、手数料だけで数千円ととられてしまうことがあるので、余程フォードの思い入れがあってどうしても投資をしたいと考えるのでもなければ、日本の株式市場の銘柄を選択したほうが無難だといえます。